窯は、蛇窯(じゃがま)といわれる種類のものでで、焼締めの窯です。

同じ形式の窯は、現在種子島にもあります。

一見この地方で、古くから焼かれていた窖窯(あながま)に似ていますが,側面には 出入り口があり、さらに飛行機の窓の様な穴が並んでいます。これらの窓からも,薪を入れるそうです。


そして,反対側面の地面には、水道のコックのような弁が.....

これは、焼成時に窯の中に水を投入し強還元(器から酸素を奪って独特の変化を出す)させるために付けられたものですが、その効果は疑わしく,今は使われてないそうです。

窯の上や周りには、これから詰める器が置かれていました。

煙突の横(右側)には水槽も残っています。


今回の焼成には,中里隆氏だけではなくそのゆかりの若手陶芸家の人たちも参加した共同プロジェクトのようです。

窯の周りには,これから焼成される器が所狭しと並べられています。そして、陶芸家の人たちはというと.....